碧井 ゆき の物語

こんにちは。碧井ゆきと申します。ここにはわたしが書いた小説をのせています。twitter.com/snowycrow2blue https://note.mu/snowycrow2blue

彩夏夜160519-02

私たちが最後までここに居るために武端がいる。

武端を産み出すために私達が動いている。

武端が定住するようなタイプであったら櫂子は惹かれていなかったと思う。

近くに居ると強力過ぎるのだ。

したいことも持っていることも失う気がする。

身を滅ぼすというやつだ。