碧井 ゆき の物語

こんにちは。碧井ゆきと申します。ここにはわたしが書いた小説をのせています。twitter.com/snowycrow2blue https://note.mu/snowycrow2blue

これから i

混乱している。

考えたくないことを考えなければいけないからだ。

降りてきたら何か言わなければ。

美咲は椅子を立つ。

お金をかけたくないわけではない、ということは。

美咲は膝から崩れ落ちそうになる。

どうしようもないことを責められても仕方がない。

性生活は夫婦にとって絶対のものなのだろうか。

少なくとも、美咲はそうではないと思ってきたのだ。

築いてきたもの。香子。香子のこれから。

一緒に居た時間と、それを守ること。

美咲にとって、夫婦とはそのようなものを守るチームだった。

公数が上着を羽織って階段を降りてきた。

今、ものずごく恨みのこもった形相になっていると思う。

公数の手がリビングを出るドアのハンドルに伸びる。

「どうして。一年に一度のキスでいいから。出て行くことないじゃない」

それさえしてくれれば、公数が外で何をしてきても構わなかった。

言わないでくれればいい。ただそれだけだ。

公数の動きは一瞬止まったが、ドアを開けて玄関に出て行った。

玄関ドアを開けて外に出て行く音がする。

一人になった部屋は静かだった。温度が下がった気がする。

今、この空間には何があるのだろう。

今までの年月は何だったのだろう。

体を壊したことでお金も失うのか。そんなことが許されていいのか。

美咲には、この二つを分けて考えることができなかった。

 

 

 

*この文は、2016年11月に投稿しました。ブログの掲載順の都合上投稿日時を変えてあります。