碧井 ゆき の物語

こんにちは。碧井ゆきと申します。ここにはわたしが書いた小説をのせています。twitter.com/snowycrow2blue https://note.mu/snowycrow2blue

北風の吹く頃に 4

すべり台に登るには、はしごとアスレチックのようなロープを編んだ目の大きな網とがある。

安子は網を登り始めた。

「え、何よ。俺が下りるって」

安子が登るのよりずっと早く恭輔はするすると猿みたいに下りてくる。

 

同じ高さになったがここで言っていいものかためらう。

「ちゃんと下りようや」

 恭輔にうながされてもと来たルートをもどる。

 

地面に足がついたときにはスカートはほこりまみれだった。

安子はほこりを払うためにスカートをはたいた。

顔を上げるとじっと見ている恭輔と目が合った。

黙って待っていてくれたのだ。

恭輔が口を開けかけたので安子は急いで声を出す。

 

「好きです。つき合ってください。こんな私だから駄目かもしれないけど、がんばるから。変わります。今までごめんなさい」

 

安子は頭を腰の高さまで下げた。

恭輔は何も言わず動かない。

最後の言葉はちょっとおかしかった。

戸惑わせてしまっただろうか。

恭輔も周りも静かなままで、そうっと顔を上げる。

 

困った顔の恭輔と目が合う。

その途端、

「ごめんなさいっ」

と恭輔は大きな声を出し、腰の高さまで頭を下げた。

 

安子が息を止め、深呼吸するとやっと顔を上げた。

「今の安子じゃだめだわ。ごめんな」

やっぱりね、そりゃそうだよね。

 

「それにさ」

恭輔は目だけ笑う。

「最後のは俺にじゃないだろ」

 

由花や秋名や、ほかの女の子達が駆け寄ってくる。

「おつかれ」

「そうかそうか」

「なるほど」

全然わからなかった、と言う声も聞こえる。

 

「教室に帰ろ」

誰ともなく学校へ戻る道へ歩き出す。

 

「痛あいっ」

いつの間にか後ろにいた秋名にお尻をつねられた。

「柔いなっ」

舌を出して逃げる秋名を追い駆けた。

 

-終-

 

 

 

*『北風が吹く頃に』は、2016年1月にTwitterに載せたものです。表現は一部変えてあります。